GALLERY GYOKUEI

ARTISTS

三宅一樹
Ikki Miyake

1973 東京都練馬区大泉学園生まれ
1996 多摩美術大学 美術学部彫刻科卒業
1998 多摩美術大学大学院 美術研究科 修士課程 彫刻専攻 修了
2009 多摩美術大学大学院 美術研究科 博士後期課程 修了 博士号取得
2009 多摩美術大学美術学部彫刻学科 非常勤講師(〜2014)

主な個展
2002 「素脚詞」/みゆき画廊
2006 「Yoga」ギャラリーせいほう
2008 「"Ikki Miyake - YOGA" aqua art Miami」AQUA WYNWOOD(Aqua Warehouse)( Miami、 USA)
2010 「氣」アートフェア東京2010
2010 「氣」YOKOI FINE ART
2011 「神像彫刻 - INFINITY」YOKOI FINE ART
2014 「神像彫刻と板絵」ギャラリーせいほう
2015 「壺中の貝」壺中居(東京)
2016 「生命之軸 Axis of Life」/TINA KENG GALLERY(台北)

主なグループ展
2002 「第1回 あさご芸術の森大賞展」/あさご芸術の森美術館(兵庫)
2005 「第40回 昭和会展」/日動画廊(東京)
2007 「現代アーティストたちによる LE MODE DE COCO ココの世界」
シャネル・ネクサス・ホール
2007 「ART BEIJING 2007」National Agricultural Exhibition Center(北京) 
2009 「ART TAIPEI 2009」Taipei World Trade Center (台北)
2010 「台湾&日本 国際木彫芸術交流展」三義木彫博物館(台湾)
2010 「ART TAIPEI 2010」Taipei World Trade Center (台北)
2010 「創造と回帰 現代木彫の潮流北海道立近代美術館(北海道)
2012 「sogno・夢〜彫刻家二田原英二と次代を担う作家展〜」佐藤美術館(東京)
2012 「MIE:a portrait by 35 artists」 FREIGHT+VOLUME gallery(NEW YORK、USA)
2012 「あさご芸術の森大賞展 10年の軌跡」あさご芸術の森美術館(兵庫)
2012 「當代藝術§日本製造 The Power of Japanese Contemporary Sculpture」/AKI Gallery (台北)
2013 「2013國際木彫藝術交流展」三義木彫博物館(台湾)
2014 「Currents;Japanese Contemporary Art」The James Christie Room(香港)
2014 「感じるからだ」展/北海道立旭川美術館(北海道)
2015 「木を彫る」収蔵品展050 東京オペラシティアートギャラリー
2015 「悲とアニマ - モノ学・感覚価値研究会」北野天満宮(京都)
2015 「スサノヲの到来 - いのち、いかり、いのり」展/北海道立函館美術館(北海道)
2017 「Hopin’ Pocketful」アートフェア東京・企画展/東京国際フォーラム
2017 「ニッポンの写実 そっくりの魔力」/北海道立函館美術館
豊橋市美術博物館(愛知県)


主な研究論文
2009 『木彫刻の心技体 - ものつくりのアニミズム』多摩美術大学 博士論文集 第6号
2012 『木彫刻のアニミズム』多摩美術研究 第1号

主なパブリックコレクション
入間市藤沢公民館(埼玉)あさご芸術の森美術館(兵庫)笠間日動美術館(茨城)東京オペラシティアートギャラリー(東京)各務原市(岐阜)北海道立旭川美術館(北海道)

主な受賞歴
1994 「第79回二科展」特選
1995 「第80回二科展」二科賞
2002 「第1回あさご芸術の森大賞展」準大賞
2003 「第88回二科展」会友賞
2005 「第40回昭和会展」日動美術財団賞
2005 「第90回二科展」ローマ賞


古代と現代。心と身体。精神と物質。こうした対立項をひとつのもののうちに表現する三宅の木彫刻は、国内外の鑑賞者を魅了してきた。素材の形や質感に人間の身体を見出し、彫刻において木と精神がひとつとなる。それは、三宅という一人の実存の在り方をそのまま木に写し取るような表現である。「自身を見つめ、木を見つめ、常にその最適な接点を探る」。これが彼の、日本古来の技術を用いた彫刻への現代的解釈であった。
三宅の卓越した技術は女性のしなやかな身体を捉え、際立たせる。その代表作として知られるのが、十年以上に渡って取り組まれている「YOGA」シリーズである。ヨガという行為をモチーフに、心と身体の均衡に向けられた切望のまなざしが表現されている。制作ついて三宅はこう述べる。「丸太の状態で約10年、木と共に過ごし、作品化への準備に費やす。これは、木の乾燥と、精神の爛熟を兼ねた第一の作法である」。物質としてではなく、生命の延長としての木と対峙する三宅の手法は「木彫刻の心技体」だと言えるだろう。ロダンはいつか、「芸術家である前に人間であれ!」と言った。生きるということの真の実現から初めて、アーティストは作品に魂を宿すことができる。

Ancient and present. Mind and body. Spirit and form. Ikki Miyake expresses the two opposing elements through a single wooden sculpture, which has been attracting audiences internationally. By capturing the vision of a human body in the shapes and textures of wood, soul and material becomes one as a sculpture. In this way, his expression is a reflection of Miyake as an existential being. “I look into myself, then look into the piece of wood, and find where both of us meet perfectly,” says Miyake. This is his contemporary interpretation of sculptural art through traditional Japanese sculpting techniques. 
Miyake’s exceptional sculptural technique highlights the sinuous lines of the female body. This can be seen in his most well-known “Yoga” series, which he has been engaging for over 10 years. Through the motif of yoga, the ultimate yearning for the equilibrium between the body and the mind is expressed. “Before working with the material, I spend around 10 years with the wood still in its form of a trunk. This is my primary step, to dry the wood as well as maturing my spirit at the same time,” Miyake explains about his process. His method of facing the tree as an extension of life instead of material is characterized as “Shin-gi-tai (spirit, technique and body) in wooden sculpture.” The French sculptor Rodin once said, “Be a man before being an artist!” Only through the complete realization of what it means to be alive can an artist pour his or her soul into art.

Yoga - AXIS
2016年

242×43×40cm

枝垂紫木蓮貽貝
2015年
タモ・榧・枯枝
50×50×21cm

 

Yoga - PRANA
2010年
木曾檜・桂
81×72×48cm

”ALLURE”No.20 Suashi–Kotoba
2009年
木曾檜・桂・アクリル・蛍光灯 etc
85×30×97cm

1 2